男を思い通りに操る術、教えます。

妄想と虚構のブログです。記載内容は全てフィクションです。

ショートストーリー その10

いい天気でしたね。
こんな天気だと、働く気がしないです。 あ〜、昼間っからビール飲みたい♪


首輪を締めようとした瞬間、君は瞳を閉じた。
私は手の動きをとめ、君の瞳が開くのを待った。

私が首輪を閉めようとしない理由を知りたくて、君は目を開く。
私は少し冷たい笑顔で、君が目を開くのを待っていた。
目を開いた瞬間に映ったのは、私の冷たい笑顔だった。

クスっと笑い声を洩らす私の顔を、硬直したまま見つめる君。
童貞をからかうように、クスクスと笑った。
そして、首輪を締める手の動きを再開させた。

初めての首輪に緊張する君。
とっても可愛いね。
私がじーっと目を見つめていると、君は目を伏せた。

恥ずかしさなのかな。
それとも緊張なのかな。
君は再び目を閉じて、そして体をさらに固くした。

私の手の動きも止まる。
何度でも繰り返してあげる。
首輪を閉められた瞬間、君の眼の色が変るところを見たいから。

でも、今度は違った。
君は目を開こうとするどころか、かえって強く瞑った。

「こら。」
小さい声で彼を叱る。

「首輪をはめられる瞬間はね、ちゃんと自分で見ておかないと、、、」
子供に言い聞かせるようにゆっくりと言った。

君はそれでも、まだ葛藤の中にいる。
目を開こうとしても、目は強く閉じられたまま。

「じゃあ、首輪つけてあげないよ。」

首輪をゆっくりと外す。
彼の口から小さな溜息が洩れる。

君の目から滲む涙。

「残念だったね。」
首輪をバッグにしまった。

「首輪で繋がれて、苛められたかったんじゃなかったの?」

小さく頷くと、目から涙が流れた。
すーっと一滴だけ。

いいよ。
ゆっくりと躾をしてあげるからね。

だって、恥ずかしさに慣れちゃったら楽しくないから。



GWは、楽しいことします♪

拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

アクセスカウンタ

楽天市場

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新CM

[07/15 しげや]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
Copyright ©  -- 男を思い通りに操る術、教えます。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /