男を思い通りに操る術、教えます。

妄想と虚構のブログです。記載内容は全てフィクションです。

小説「許して・・・」 前編

男性用貞操帯を使った刺激的な一夜。
射精管理されている男性は、こんな小説を読まされたら、どうなっちゃうのかな。

emoji

やっぱり冬は貞操帯の季節。
3〜4日くらいなら外さなくても衛生上の問題にならないから。
一週間に一度しか会えない敏也さんと貞操帯で遊ぶのは、12月から3月前半が一番。もちろんクリスマスやお正月、バレンタインデー、ホワイトデーなどのイベントがあって、解錠の期待が否応なく盛り上がることも重要。

30台後半の敏也さんは、一週間くらいの貞操帯施錠で屈服したりしない。でも二週間になると態度や視線にも大きな変化が現れる。もちろん、三週間になれば・・・しかもホテルで二人きりになれば・・・


「そろそろ、、、ねえ、、、」

と、おもねるような言葉遣いにもなるし、二人きりだから、とっても従順になる。
プライドや社会的地位も高くなってくる30台後半。オモチャにするには一番楽しい。
女性を扱う技も、20台の若さだけの男の子とは全く違う。
女性経験の多寡にも依るけど、繊細な指使いは、アソコが衰え始めてから飛躍的に成長するみたい。


「ヒールにキスできるようになりましたか?」


年下に弄ばれていることを認識させるため、常に敬語で接している。
仕事でも接する相手だから、社内恋愛とばれないように、言葉遣いは職場の関係のまま。

emoji

敏也さんとの出会いは、2年前。 地方の営業所で優秀な成績をおさめ、法人営業を担当する本社に栄転したとき。

法人営業部でアシスタントをしている紗英ちゃんに誘われて、歓迎会に呼ばれて知り合ったのがキッカケ。もちろん、特別な関係になっていることは紗英ちゃんも知らないこと。

デートに誘われて横浜に連れて行ってもらったときからの秘密の関係。
ただの秘密の関係じゃなくて、それは、とっても特別な関係。


「彼氏はいるの?」


男はいつもくだらない質問をする。
いたら? いなかったら?

デートに誘われて、夜景のキレイなオシャレなレストランでの食事を二人で楽しんでる。
彼氏がいたら楽しめないの? いなかったらチャンスって思われるの?


「ハイヒールで疲れた時に、脚を丁寧にマッサージしてくれる男の子ならいますよ。」


少し驚くような表情をみせ、敏也さんは顔を赤くした。
だから、視線を少し上目遣いにして、好奇心の強そうな表情をつくった。

「その子はね、ハイヒールを磨いてくれるし、料理も作ってくれるんです。」

私の視線に気付き、さっきよりも驚いて、慌てて視線を外した。

「料理は、私の分だけ作らせるんです。 食べ終わるのを待ってもらって、片付けまでしてもらえるんですよ。」

上目遣いで視線を向けたまま喋り続けた。

「とっても便利ですよ。 羨ましいですか?」

言葉を失ってるような敏也さんに、わざと質問をぶつけた。
少し首を傾げて、目を細めて、明らかな作り笑顔を向けた。

「ん?」

返事を促した。先ほどとは反対側に首を傾げた。
敏也さんが答えない限り、私からは何も言わないと決めた。

「う、うん。」

気の抜けた返事。
YesなのかNoなのか、それすら分からない。

「あはは。やっぱり羨ましいんですね。」

決めつける。そうしないと会話が進まないから。

「うん、そうだね、で、でも、ちょっと変わったことを言うから、、、お、驚いちゃったよ。」

顔が先ほどよりも赤くなってる気がした。
もっと真っ赤にしてあげるって決めちゃった。

「もしかして課長さんが羨ましいのは、その男の子のほうだったりしませんか?」

クスクスと笑いながらテーブルの下で敏也さんの足をハイヒールで踏んでみた。
やっぱり顔は真っ赤になった。思った通りに。

それが最初のデート。

emoji

特別な関係になって2年。貞操帯に鍵を掛けてから三週間が経った。

ホテルにチェックインした瞬間から、彼の目は年上の威厳を失いつつあった。

二週間経ったときに、鍵をちらつかせただけで、脚のマッサージを受け入れた。
ハイヒールを丁寧に磨くこともできるようになった。でも、、、

「キレイに磨けたならキスできますよね?」

先週は、彼は首を横に振った。
それから一週間。前回、キスを拒んだせいで射精は許可してあげなかった。

「ヒールにキスできるようになりましたか? 今週も無理ですか?」

でも、今回は、外を歩いたハイヒールの爪先にキスすることができた。
タコみたいに顔を真っ赤にして。目に涙を溜めて。
ホテルのベッドに腰掛けた私。足下でハイヒールにキスしている彼。

「今度はこっちですよ。」

反対の足を動かして、そっちにもキスさせる。
一度だけ私を見上げ、本気で命令してるのか確認して、諦めたようにキスをした。

「はい。次は、両手を後ろですよ。服を脱いでからね。」

そういって革製の拘束具を取り出す。
貞操帯を外すときに使う拘束具。
これで拘束してからシャワーでキレイにしてあげる。
再施錠されるまで、彼の両手は自由にならない。

先週も先々週も彼は拘束を受け入れた。でも、今日は少しだけ抵抗した。
射精したい気持ちが強すぎるみたいで、射精なしで再施錠される恐怖に怯えている。きっと。

でも、自分で両腕を背中に回すまで、私は黙って見下ろしていた。
沈黙が彼の覚悟を引き出した。
ノロノロと両手を後ろで交差させて、私の拘束を受け入れた。

両手が拘束されると、彼は立ち上がろうとした。先週、先々週は、両手を拘束したらすぐにシャワーに連れて行ったから。

でも今回は違う。

「もう一度キスして下さい。」
彼と視線が合っていたので、私の視線を足下に向けた。

両手を拘束されて身動きが鈍い。
足下に正座して、それからゆっくりと上半身を倒してハイヒールに顔を近づけた。

「ヨシって言うまでキスしてて下さいね。」

ハイヒールの爪先にキスしたまま彼は動きを止めた。

「動かないで下さい。」

両手の拘束と私の命令で、彼は動くことが出来なくなった。
そして彼に首輪を巻いて、リードを繋いだ。

「ヨシ。クスクス。」

リードを優しく引きながら、彼の顔を覗き込む。

「似合っていらっしゃいますよ。クスクス」

首輪を巻かれたことで動揺した敏也さんに、リードの握っている手を見せた。

emoji

リードをシャワーフックに引っかけたせいで、敏也さんは屈むこともできずにシャワーを当てられ続けた。
三週間も射精していない敏感なアソコは、石鹸を泡立てた手と、強弱をつけたシャワーで刺激され続けた。

たった30分。
でも、それは彼にとって拷問のような時間だったみたい。

そして、彼が最も恐れてた通り、射精なしで再施錠された。

「次は、もっと面白いことしましょうね、課長さん。」

シャワールームで貞操帯に施錠して、シャワーフックにリードを掛けたまま、私だけシャワールームを出た。 そして、ベッドルームに設置されていた加湿器の水タンクに、貞操帯の鍵を沈めた。

貞操帯を施錠された敏也さんは、もはや人畜無害。
両手の拘束具を解いて、二人でボディーソープを体に塗り合ったりキスしたり、恋人の時間を過ごした。
異常なのは、貞操帯の中で大きくなることすら禁じられている彼のアソコ。
あとは、敏感になりすぎている彼の体。軽くシャワーを浴びせるだけで、男らしさが消えてしまうから。

しばらく戯れてから、彼をバスルームから追い出して、一人きりになった。
そして、イケナイ遊びの準備をして・・・

emoji

15分後にバスルームから出てきた私の姿を見て、敏也さんはビックリした。
ポニーテールに髪をまとめ、ハーフスパッツの競泳水着を着て、そして背中で両腕が拘束されていたから・・・

「貞操帯の鍵が欲しかったら、私のこと、拷問してみませんか?」

恥ずかしさのあまりベッドにうつ俯せに倒れ、枕に顔を埋め、自分の鼓動だけを聞いていた。

拍手[10回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 


おばんです♪

久し振りの創作物語ですね^^
とても楽しく読ませて頂きました。。

登場した男性の反応が 最初は若すぎる感じがしたけれど、、
硬派的な男性のイメージなのかな?って
中盤での彼の悪あがきの過程とかで分かりました。。

屈しない人=硬派 というイメージなのかな?
とまぁ すぐ横道にそれた感想は置いといてw

完全に軟派で直ぐに屈する人は 逆に物語に使いにくいですもんね。。
でも 一度そんな登場人物が出てくる CHIKAさんの創作物語も
読んでみたい気持ちもありますけど。。。

続きはM転のちの再逆転なのかな~?
とか 色々想像してしまって 楽しいです。。

ps
最近、僕自身が乱れてる様な報告コメントが全然出来て無いなぁ
反省すべきなのかな? とか考えてる時点で
充分 術中に嵌ってる事に気づいて 焦り、同時に恥ずかしかったです。
  • from 神楽 :
  • 2013/12/16 (21:19) :
  • Edit :
  • Res

Re:♪

こんばんは。
感想ありがと。
硬派とか軟派とか、そういう視点では描いてないですよ。
でも、芯のしっかりした男性じゃないと魅力を感じませんね。だから硬派な登場人物が多いのかもしれません。
  • from CHIKA :
  • 2013/12/16 (21:45)

無題

文章を読み進めるうちに、だんだんとアソコがカチカチになってきましたが、
最後のCHIKAさんの格好が個人的に大好き過ぎてトドメをさされるかと思いました。
こんな格好のCHIKAさんを拷問してよいなんて、
敏也さんが本気で妬ましいっ!
  • from てつ :
  • 2013/12/16 (21:24) :
  • Edit :
  • Res

無題

ここに来て小説…
しかし、まさかの逆転ですか…
こうして見ていると、つくづくSとMの関係は、つくづく信頼関係がないと出来ないと思います。
  • from 乃亞 :
  • 2013/12/16 (21:34) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

そうですね。
信頼関係が第一です。また、心の優しさも大切ですよね。
  • from CHIKA :
  • 2013/12/16 (21:43)

無題

実際にこんな言葉で見透かされてしまったら、その時点で堕ちてしまう気がします…
CHIKAさんに拷問できるというのも魅力的ですが、そんな事をしたらその後でもっと弄ばれそうで、ゾクゾクします。小説の方も私自身も最終的にはマゾとして生きる未来しか見えません。
  • from yuki :
  • 2013/12/16 (22:13) :
  • Edit :
  • Res

無題

ひどいです‥このタイミングでこのような小説を書かれたらあそこが大きくなって逝きたくなっちゃいます‥
  • from くろ :
  • 2013/12/16 (22:17) :
  • Edit :
  • Res

酷いです・・・

は・・・ああぁぁああぁ・・・
文を読んでいるだけなのに、勃起がおさまりません。
辛いです。苦しいです。
ヒールにキスや、リードをシャワーフックにひっかけられての悪戯・・・
想像しただけで、おかしくなりそうです。
妄想しただけで、壊れてしまいそうです。
されたい。してほしい。気持ちよくなりたい。楽しんでもらいたい。癒しになりたい。愉しんでほしい。尽くさせていただきたい。便利な存在にさせていただきたい・・・。
頭の中で、いろんな思考や欲望がぐるぐると渦巻きます。

そして、最後の台詞を見た時に、それまでとは違う感情が爆発したのを感じました。
めちゃくちゃにしたい・・・!!
溜めて、溜めて、溜めこんだものを、思いっきりぶちまけたい・・・!!
CHIKAさんを押さえつけて、顔に、身体に、口に、中に、思いっきり吐き出したい・・・っ!!

ふあああぁぁあああっ・・・!!
CHIKAさんCHikaさんチカさんちかさんちかさんちかさんっ!!!!
  • from ヒロ :
  • 2013/12/16 (22:44) :
  • Edit :
  • Res

Re:酷いです・・・

貞操帯が付いてるから、思い切り吐き出すことは、できません(笑)
  • from CHIKA :
  • 2013/12/16 (22:53)

無題

ちんちん固くしながら読ませていただきました。CHIKAさんにリードを持たれながら、足元に跪いてハイヒールにキスしたいです。
  • from まさし :
  • 2013/12/16 (22:58) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

幸せを感じちゃうかもしれないね。
ゆっくりとした雰囲気の中で、射精という切れ目のない官能的な時間を過ごしたいですね。
  • from CHIKA :
  • 2013/12/16 (23:02)

無題

>貞操帯が付いてるから、思い切り吐き出すことは、できません(笑)
そんな・・・
はあぁぁぁああっ・・・
吐き出したい。思いっきり、吐き出したい。
溜めて、溜めて、溜めこんで・・・
そんな中、CHIKAさんにそんな姿で、そんな台詞を言われて・・・
それでも、吐き出すことができないなんて、そんなっ・・・!!
うああぁあああ・・・っ
絶望的なのに、なんでゾクゾクしているんだろう。
おかしい。おかしい。変だよ、こんなの。
でも、たとえ、吐き出すことはできなくても、
それでも、できる限りは、CHIKAさんをメチャクチャにしたい。
それと同時に、吐き出すことができないという絶望を味わいたい。
とても嬉しいのに凄く苦しい。最高に楽しいのに最悪に辛い。
そんな矛盾した感情を、抱きたいです。
CHIKAさんに触れることができたら、それだけでもうどうにかなってしまいそうです。

今日もまたフェイクをして、限界まで自分を追い詰めたいと思います。
限界まで限界まで追い込んで、許可が出されるまで我慢したら、CHIKAさんが褒めてくれるかもしれないから。
少しでも愉しんでくれるかもしれないから。
  • from ヒロ :
  • 2013/12/16 (23:24) :
  • Edit :
  • Res

無題

わりといつもこれくらいのタイミングで小説を挟んできますよね。
たまたまですか?笑

射精管理されてなくても狂いそうなんですけど……。
本気で命令してるのか確認するために見上げた時、chikaさんがどんな目で見下ろしているのか想像するだけでイキたくなります。
「似合っていらっしゃいますよ。」の一言には眩暈がしました。


まあ、でも。射精させてもらうために靴にキスまでして、首輪つけられて、今日こそはいかせてもらえるのかな、と不安と期待でおかしくなりそうなところに、この挑発ですよ。流石にムッとなるだろう。

やったれ!!!!
  • from もう一人の蒼月 :
  • 2013/12/16 (23:29) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

小説のタイミングは、もちろん偶然です。
読者の深層心理に何かを擦り込むには、このタイミングが最適なんだけど、そんなことは全く考えずに小説を書いていますよ。

男性としての本能や、マゾの深層願望を引き出すために小説書いてないですよ(笑)
  • from CHIKA :
  • 2013/12/17 (05:26)

無題

初めてまして。ずっと見るだけにしようと思っていたんですが、もう我慢できないので投稿させていただきます。

昨日のフェイク・ショーでおあずけをいただいた時は本気で何も考えられなくなりました……そしてそのあと暗示74を何度も読み返してフェイクで何回もイきました……あぁ……もうダメになりそうです……
  • from しゅう :
  • 2013/12/17 (00:12) :
  • Edit :
  • Res

無題

ハイヒールにキスしながら首輪を巻かれるシーンと、
リードをシャワーフックに引っ掛けて
アソコをシャワーで刺激されるシーンで
カチカチになってしまいました。
射精管理中にこんなに素敵な小説は苦しいです。
震えが止まりません。

CHIKAさんに「拷問してみませんか?」と言われたら、
キスしながら、できるだけゆっくり優しく愛撫して、
焦らしてCHIKAさんを悶えさせたいです。

貞操帯の中で窮屈に膨らんだアソコから果汁が糸を引いて
辛くてたまらないはずですが、最高に幸せを
感じると思います。
  • from るー :
  • 2013/12/17 (00:24) :
  • Edit :
  • Res

無題

CHIKA様、はじめまして。
3日前からずっとCHIKA様のブログ見ているKazuと申します。
恐らくこれからも毎日来ることになると思いますが(笑)

いきなりこういうこと書くのもちょっとあれですが、
「貞操帯着用のまま」という状況から考えてみると、
相手の女性を拷問することが、結局自分自身を苦しめる行為に繋がるのではないでしょうか。

だって貞操帯着用のままだったら、勃起するだけでとても辛く苦しくなると思うし・・・
(まだ、貞操帯着用の経験がないので確信はできません)

でも、どうしても鍵が欲しいからやめられない。
続けば続ける程、とてつもなく苦しくて涙が出ちゃう。

という風に考えてみましたが、ちょっと考えすぎでしょうか?
だって、ただ拷問するだけだとなんだかつまんないじゃないですか(笑)
  • from Kazu :
  • 2013/12/17 (00:32) :
  • Edit :
  • Res

無題

今回は参加してないのに小説読んだだけで大きくしちゃいました(笑
  • from なら :
  • 2013/12/17 (01:51) :
  • Edit :
  • Res

大人な関係

こんな交際が出来る気遣いが出来て、雰囲気のある男になりたいです
今までの小説の中で一番かっこいい男性ですね
  • from ベン :
  • 2013/12/17 (01:53) :
  • Edit :
  • Res

無題

こんな小説読んだらまた妄想が膨らんでしまいます。身近にちかさんがいていれば、、今はただそれだけを思っています。
  • from たけ :
  • 2013/12/17 (02:29) :
  • Edit :
  • Res

素晴らしいです

CHIKAさんのこのような作品は世に出て販売されていないのでしょうか?
CHIKAさんの従順な下僕になりつつある私じゃなくとも、需要があるように思えました。
内容も もちろんですが、ボリュームも完全に勃起したとこで終わることを想定して作っているのか? と 思わせるほどベストサイズでした。
私の心までを 管理していただけてるようで嬉しくなってしまいました。
  • from 純一郎 :
  • 2013/12/17 (05:21) :
  • Edit :
  • Res

Re:素晴らしいです

販売は考えてないですよ。
誰でも無料で楽しんでもらいたいからね。
それに販売を前提で書くと、ストレスがあるみたい。いろいろ考えちゃって、推敲とかも面倒だし。

勝手気ままに書いている文章のほうが、後から自分で読み返したときに納得できますね。

応援ありがとう。

p.s.
有志の方からのAmazonギフト券プレゼントは、喜んで受け取ります(笑)
  • from CHIKA :
  • 2013/12/17 (06:10)

無題

素敵な小説をありがとうございます。

過去の暗示や小説を無料で公開していただくだけでなく、
さらに、貴重なお時間を割いて、
コメントに返事まいただき、大変感謝しています。

感謝のしるしとして、お返しできるのは、
Amazonギフト券をお送りすることぐらいしかありません。

送付用のEメールアドレスをお教えいただけますでしょうか。
  • from るー :
  • 2013/12/17 (07:36) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

はーい。
メールを送りましたよ〜
  • from CHIKA :
  • 2013/12/17 (13:22)

無題

ずっと勃起して読んでしまいました。

自分にもして欲しい。

こんな、記事だけの世界で自分がドンドン変わっているのも自覚しているが、貞操帯が無いのにここまで変わってくると
貞操帯を購入してしまうとどうなるんだろう。
興味本位でそんな事すると取り返しの付かない事になるよ。と理解はしているのだが好奇心が勝る。怖い、、、、
でも、この記事を読んで貞操帯が本当に欲しくなった。
  • from なお :
  • 2013/12/19 (15:09) :
  • Edit :
  • Res

無題

自分に出世欲はないと思っていましたが、「課長」という、上長の立場を羨ましく思いました。
さすが、このブログに影響を受けて、就職を果たした自分だけのことはあるなーと感じますね。
  • from けむ :
  • 2013/12/20 (11:11) :
  • Edit :
  • Res

アクセスカウンタ

楽天市場

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 12
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

[07/15 しげや]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
Copyright ©  -- 男を思い通りに操る術、教えます。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /