男を思い通りに操る術、教えます。

妄想と虚構のブログです。記載内容は全てフィクションです。

改札口

改札口までお見送りしてくれるYクン。



Suicaを鞄から出してタッチする。
そして早朝の改札口を通っていく。

Yクンの視線を感じながら、振り向きもせずに階段を登っていく。



でも、昨夜はYクンが初めて貞操帯に施錠をした記念日。
改札を通っていつものように階段に向かう足を一旦止めて、改札口の横の柵まで戻る。
Yクンは、嬉しそうな心配そうな顔を見せながら、柵の反対側に駆け寄ってきた。

「耳かして」

少し大きな声で言うと、柵から半身を乗り出して私に横顔を近づけた。

「苦しいと思うけど、頑張ってね。」

今度は小さなささやき声で、Yクンの耳元に吐息を当てながら言った。



それからは、Yクンに射精させなかった日だけ、改札口を通った後に振り返る。
Yクンに射精させた日は、振り返らずに階段に消える。

これは小さな刷り込み。

射精を我慢した日だけ、小さな小さなご褒美を与える。
それがYクンにとってご褒美とも分からないような、とっても小さなご褒美。

でも、それが積み重なっていくと、Yクンも壊れていく。

「もう、射精なんて要らない。」って子供のように甘えて泣いてくれるはず。
そう遠くないうちに。
もうすぐかも。



って素敵な感じだけどね、朝から帰宅して、仕事の準備をして出かけるのって最悪です。

調教は計画的でも、生活は行き当たりばったり。

お泊まりは計画的にしないとね。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

ショートストーリーの文字を探す自分がいます(恥)
朝帰りで仕事はしたことないです。
仕事から朝帰るのは何度か・・・(笑)
そんな改札口の風景見つけたら、羨ましいと思うだろうなぁ。
  • from あきら :
  • 2012/09/07 (22:22) :
  • Edit :
  • Res

もう、射精なんて要らない

「苦しいと思うけど、頑張ってね。」

素敵な言葉ですネ。
本当にドキドキします。
この一言は、始発の改札口での出来事ですネ。
  • from なおき :
  • 2012/09/08 (00:36) :
  • Edit :
  • Res

Re:もう、射精なんて要らない

素敵な言葉?

いいえ。

射精管理マゾを育成するための、呪いの言葉です(笑)
  • from CHIKA :
  • 2012/09/08 (04:53)

永訣を恐れる朝

CHIKAさんの駅に関する描写も、とても好きです。淫靡でありながら、どこか物悲しく、美しい光景が浮かびます。

振り返ってくれた時は、また会えるかも知れない、と思うのでしょう。
そして、振り返ってくれなかった時は、もう二度と会ってもらえないかもしれない、と怯えながら、その後ろ姿を、人ごみに紛れても見つめ続ける。

きっと射精は、永遠の別れを示唆する罪に感じていくのでしょうね。
  • from voicefan :
  • URL :
  • 2012/09/08 (00:52) :
  • Edit :
  • Res

Re:永訣を恐れる朝

そうだね。
後ろ姿を目で追うことを強いるのは、片想いの気持ちを募らせる技です。
振り返るかもしれない、だから、見えなくなるまで待ってるんですよ。

振り返っても、振り返らなくても、君は改札の外で立って見ているしかないね。
  • from CHIKA :
  • 2012/09/08 (04:55)

無題

振り替えるときと振り返らないときの違いに気づいたときに一気にマゾの毒が回りそう…。
  • from しん :
  • 2012/09/08 (08:00) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

気付かないよ。
きっとね。
気付かれたら、違う技を使うだけだから(笑)
  • from CHIKA :
  • 2012/09/08 (10:15)

アクセスカウンタ

楽天市場

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新CM

[06/03 りょう]
[06/02 あたる]
[05/29 コオロギ]
[05/29 NONAME]
Copyright ©  -- 男を思い通りに操る術、教えます。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /