男を思い通りに操る術、教えます。

妄想と虚構のブログです。記載内容は全てフィクションです。

続・背徳 その3

えっと・・・

貞操帯って、もっと一般に普及しなのかな?
エッチの時の小道具としても、ナカナカですよ。




『もう、絶対に許さないからね。』

ガウンの紐を固く結びなおしながら、彼に詰め寄った。

『マイナス50点かしら?』
貞操帯だけを身につけている彼を見下ろしながら、嫌味を含んだ言い方をした。
『それが嫌なら、永久に射精させないっていうのでもいいけど。』

数分前までは、私から鍵を奪ってセックスできると思っていた彼。
それが罠だったと知って、敗北感に押しつぶされそうになっていた。

『だけど、、、』
慎重に言葉を選びながら、私は言った。

『そこまで追い詰められてたってことなのよね・・・』
と、ほんの僅かなでも希望を持てるような言葉を口にした。

『かといって、反省させないとダメだし・・・』
私の言葉のひとつひとつに彼の眼が左右に踊る。
動揺を隠すことができない哀れな男。

『本当に逝きたいなら、逝かせてあげる。』
喜んでいいのか分からずに、少し困った顔をしている彼。
『月に一回、逝かせてあげる。どうしても、、、我慢できないときにね。 ただし、、、』

そう言ってから、私は躊躇した。
本当に、それでいいのかな。
今の微妙な関係が好きだけど、このままってわけにもいかないし。
このままだと、彼を狂わせちゃうかもしれない。

今から言葉にすることを、頭の中でのシミュレーションを繰り返した。

でも、やってみないと分からないし、、、
ダメならダメで、なんとかすればいい。

小さく息を吸って、思い切って言葉にした。
『ただしね、君が逝けるのは、私の靴の裏だけ。』
彼の表情の変化を見つめた。
『それでもいいなら、月に一回だけ、今日だったら今すぐに、、、』
彼の表情が、もっと複雑になっていった。
『今すぐに逝かせてあげる。 それが嫌なら、減点50点だよ。』

彼の貞操帯を、裸足のまま軽く踏んでみた。
たったそれだけのことで、彼の理性は音を立てて崩れていった。

『逝かせて、、、逝かせてください、、、どんな方法でも、、、』
最後は、何を言っているのか聞き取れなかった。

玄関の下駄箱から、靴を選びはじめると、彼は私から目が離せなくなっていた。

『ガウンにブーツは似合わないよね。』
と言いながら、白いブーツを履こうとする私。
黙って成り行きを見守ることしかできない彼。

『ねえ、ブーツでいいかな?』
なんの返事も聞こえなかった。

右足だけブーツを履いて、もう片方のブーツを持ったまま、ケンケンでベッドに戻った。
ベッドの腰かけて、足元にタオルを敷いた。
そこに、ブーツを履いた右足を下ろし、左足のブーツに足を入れた。

彼を呼び寄せ、私の足元に座らせた。
顔が真っ赤になっていて、緊張しているのが手に取るようだった。

そして、彼の両手を手枷で拘束した。
首輪とリードをつけて、リードをしっかりと握った。
もう、彼に逆らう気力はないようだ。
それでも、手枷を後ろに回してもらって、南京錠でつないだ。

どんな方法でも逝かせて欲しいって、本当に可哀そう・・・

『ほら。 ちゃんとお願いしないと・・・』
最後まで意地悪を忘れなかった。

『は、はい、、お願いします、、、逝かせてください、、、』

彼は、羞恥心に頭が乱されつつも、射精の期待に胸を膨らませていた。

『これからは、月に一回、こうしてあげるからね。 君が望むなら・・・』
優しい微笑みを浮かべながら、私は胸元のネックレスに手を伸ばした。

『あっ。』

そうだった。
鍵がない。

『ごめん。 鍵、なかったんだった。』

その一言で、彼は涙を流して泣き崩れた。


↓ちゃんとクリックして下さいね。
rank
クリックにご協力ください257

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

希望/絶望

鍵が違う、という絶望。
その中で、「靴で」と言ってくれたヒロインは、まさしく女神に見えたでしょう。例え、その女神自身が、今の絶望を与えたのだとしても。
でも、その女神は、自分が鍵をもっていないことを忘れていた。
男性は、こらえていたものが一気に溢れ出し、崩壊することでしか、自分を保てなかったのでしょう。

問題は、この儀式の間、本当にヒロインが、鍵が手元にないことを忘れていたのか、です。
今回の文面を見る限り、本当に忘れていたように見えますが、果たして・・・。

謎が余韻として残り、ますます物語の世界に引き込まれて行きます。
  • from voicefan :
  • URL :
  • 2011/08/16 (22:47) :
  • Edit :
  • Res

Re:希望/絶望

やっぱり予備の鍵は常に持ち歩かないとね(笑)
  • from CHIKA :
  • 2011/08/17 (22:28)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

アクセスカウンタ

楽天市場

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 12
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

[07/15 しげや]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
Copyright ©  -- 男を思い通りに操る術、教えます。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /