男を思い通りに操る術、教えます。

妄想と虚構のブログです。記載内容は全てフィクションです。

背徳 その1

久し振りにフィクション小説に挑戦です。

貞操帯ネタですので、嫌いな方は読み飛ばしてくださいね182


内容的には、この前のショートストーリーの続きです。

そちらを読んでないかたは、まずはこちらから。


それから、念のため言っておきますけど・・・
フィクションですからね。 そのことをお忘れなく236

 


265


私の住むアパートの前に赤いカローラが止まった。
そして、私の携帯に彼からの電話が入った。


今日から3日間、那須の貸別荘にふたりきりの旅行。 年末から正月までなかなか会う時間が取れなかった分、正月休みの残りをふたりだけで過ごす予定。


こんな時期に那須に行っても、特に見るものも遊ぶところもなさそう。
それに、貸別荘には温泉が引かれているというので、別荘から出ないで二人きりの時間を過ごすことになりそうだった。


温泉しかないところで、二人きりで過ごす3日間。
期待に胸が膨らむのはあたりまえ。
きっと、彼もいろんな期待をしているはず。


窓から見おろすと、カローラの窓から顔をのぞかせている。
彼に手を振りながら電話にでた。


『準備できてるから、すぐ行くよ。』
すぐに電話を切って、ダウンジャケットを羽織った。


階段をおりると、笑顔の彼が待っていて、私のキャリーケースを持ってくれた。


彼の車には、大きなクーラーボックスと着替えが入ったボストンバックが載せてあった。


私の荷物をトランクに積んでもらうと、小さなハンドバックだけを持って助手席に座った。


ダウンジャケットの下は、彼の好きなポロシャツ。
車に乗って、ダウンジャケットを脱ぐと、彼の視線を強く感じた。


わざと胸のボタンを開けているから、鎖骨と胸元がよく見えるはず。
そして、ネックレスが光っているのも見えるはず。


『じゃあ、出発しようか?』
彼の楽しそうな声が、私の気持ちを明るくした。


ダッシュボードの中に詰め込んであるCDの中から、お気に入りのCDを探した。
その日の気分や天気で音楽を選びたい私と、いつも同じCDばかり聞きたがる彼。
古い曲が好きという彼は、歌詞を丸暗記しているCDを選んでは、歌いながら運転する。
CDを聞いているのか、彼の歌声を聞かされているのか・・・


走り始めてすぐにコンビニを見つけた。
高速道路に乗る前に、飲み物とお菓子を買うことにした。 駐車禁止の大通りなので、彼


は車に残り、私だけがコンビニに向かった。


数分後、飲み物とお菓子のはいったビニール袋を提げて、私が車に戻った。
助手席のドアを開けて、彼にビニール袋を渡した。


彼は、袋の中からコーラを見つけると、キャップをあけて一口飲んだ。
助手席のドアを開けたまま座ろうとしない私を見上げ、何度かマバタキをした。


『ちょっと待ってて♪』
といって、ハンドバックから封筒を取り出した。 既に宛先が書いてあり、切手も貼ってある。
でも、中身は空っぽ。


不審そうに見ている彼に封筒を渡して宛先を見せた。 封筒には私の家の住所と名前が書かれていた。


『なにこれ?』
意味が分からずに封筒の裏や中を繰り返してみる彼。


そんな彼をよそに、私はネックレスを外した。
そして、そこに掛かっていた鍵をネックレスから外した。


鍵。
それは、彼の貞操帯の鍵。


彼は、小さな声で『あっ。』っと呟いた。


私の悪だくみに気づいて、あわてて何かを言おうとして、そして一瞬で無駄だと悟ったようだった。彼の見ている前で、封筒に鍵を入れて、シールの封をした。


『いい子で待ってるのよ。』
子供に言うみたいな言い方で、彼をからかった。


コンビニの入り口にある郵便ポストにゆっくりと歩いていく。


封筒をポストの投函口に・・・
車の方を振り返ると、彼が困惑した表情でこちらを見つめている。


封筒をゆっくりとポストに入れる。
手を投函口の中までいれて、そして手を引き抜く。


さっきまで手に握られていた封筒は、もう、ポストの中に落ちてしまった。


これで、帰宅するまで鍵をあけることはできない。
再び車に乗り込んだ私に、彼は小さな声で呟いた。


『あのさ、、、』
困惑の表情を浮かべたまま、慎重に言葉を選んでいる彼。


『いいよ。な〜に?』
って言って、彼の鼻の頭をチョンって押してあげた。

『合鍵って、持ってないよね。』
彼が顔を赤くしてこちらを見つめる。

『もってるはずないでしょ?』
と微笑みながら言った。

『持ってたら、何のために封筒を用意したのか分からないでしょ?』

彼の顔が曇っていく。
2泊3日の旅行だからって何か大きな期待をしていたようだ。
旅行の初っ端に、その期待が根っこから折られてしまった彼は、寂しそうな顔をした。
年末に貸別荘を予約したとき、「ご褒美をあげる」って言ったことを、彼は解錠だと思っていたから。


『今日は、楽しい旅行だからね、点数をいつもの2倍にしてあげる。』
その言葉に、彼の顔の曇りが少し薄らいだ。

『旅行が終わるまでに、100点になれるかな?』
少し顔を赤めながら聞く彼。
笑顔でうなずく私。


『あと32点だもんね。 頑張ろうね。』
って言いながら、意地悪な考えが頭によぎる。
彼は、私の考えも知らずに、笑顔を浮かべ始めていた。

『でもさ、点数が2倍なのは、減点の時もだからね。』
その言葉に、彼の笑顔が一瞬で凍った。


↓減点されたい方はこちらをクリック。
rank
クリックにご協力ください257

拍手[0回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

ルールと明示

ショートストーリー7からの続編。

100点を目指すルール。そして、あえて目の前で、鍵の入った封筒をポストに投函するという、「宣言」。

ショートストーリー7の時点では、37点でした。そして現在、68点。そこにいたるまでの虚しい、しかし、きっと幸せな努力を考えるだけで、体が震えます。

こういうゲームのルールを設定するところ、そして、それを、少ない言葉でくっきりと描けるのが、CHIKAさんのCHIKAさんたる所以です。
  • from voicefan :
  • URL :
  • 2011/08/10 (00:45) :
  • Edit :
  • Res

Re:ルールと明示

また褒めすぎ。
褒めても何もでてきませんよ(笑)
  • from CHIKA :
  • 2011/08/10 (19:45)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

アクセスカウンタ

楽天市場

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 12
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新CM

[07/15 しげや]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
[07/15 オモラシ奴隷の実験台]
Copyright ©  -- 男を思い通りに操る術、教えます。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /