男を思い通りに操る術、教えます。

妄想と虚構のブログです。記載内容は全てフィクションです。

首輪のチカラ

Uさんが、とても熱望していたモノは、首輪だったんです。


首輪でつながれるイメージに「陶酔」でもしているんでしょうか?


rank
クリックにご協力ください257


 

首輪に憧れのようなものを抱いていることは、初めて一緒にショッピングに出かけた時に分かりました。 ペットショップのショーウィンドウに並んでいた仔犬に気をとられたように見せかけて、足を止めたUさん。 この手を使って首輪のオネダリをしたのは、君が最初じゃないからね。


そんなに欲しいなら、買ってあげても良いかなと思ったんですが、私が首輪を手にした瞬間、Uさんは恥ずかしさとともに嬉しさを隠しきれれいなかったんです。


そんなに首輪に興味があるなら、首輪をネタに・・・


それから2ヶ月くらい経ちましたが、まだ、首輪を買ってあげていません。
「誕生日プレゼントは、首輪にしてあげようか?」なんて冗談を言ってからかうのが楽しいから、、、なんて可愛い理由ではありません。


実は、Uさんには2ヶ月間、ずっとダイエットしてもらっています。 体重は7kgも減り、首周りは2.5cmくらい細くなりました。だから、そろそろ首輪を買ってあげても良いかなって思っています。


だから?
首周りが細くなったから首輪を買うって、どういうことだか分かりますか?


買ってあげる首輪は、「ワンサイズ」の首輪。


普通の首輪は、ベルトのように穴がいくつか並んでいて、首の太さにあわせて穴を選ぶのが普通ですよね。 でも、オーダーメイドの「ワンサイズ」には、穴はひとつしかあいていません。 ですから、「専用」になるんです。 Mっ気の強いひとは、「専用首輪」という雰囲気が好きなので、「ワンサイズ」に妙な幻想を抱いてしまいます。


でもね、Uさんみたいに一生懸命ダイエットして、夏の一番暑い時期に、毎朝走って、やっと細くなった首周りに合わせた「ワンサイズ」は、そんな甘い幻想を抱く対象ではないんです。


ちょっとでも太ってしまったら、というか元の体重に戻ってしまったら、首輪はきつくなり、嵌められなくなっちゃうってこと。


食事のたびに、摂生に努めなければなりませんし、エスカレーターに頼らず階段を歩くような生活をしなければなりません。


24時間365日、ずっと私のことを想って下さい、なんて我侭は言いません。仕事に頑張っている男性の方が好きだからです。でも、首輪のサイズに合わせた体型を維持するために、摂生を忘れることはできません。



そんなことも知らず一生懸命にダイエットしたUさんに、このことを教えてあげたのは、昨日の夜。


Uさんは、それでも首輪が欲しいって言うので、「あと0.5cm細くなったらね。」って言ってあげました。


とても悲しそうな表情をしたので、可哀相になっちゃって、そのあと苛めてあげました。


「ねえ、そんなに首輪が欲しいの?」
「それなら、首輪に鍵かけて、ずっと外せないようにしてあげようか?」
「首輪に鈴つけてあげるからね。」
「何色の首輪が似合うのかな?」
「首輪を着けたら、どんな表情になるのか楽しみだよ。」
「首輪が癖になっちゃうんじゃない?」


そんな言葉に反応しちゃうUさん。 首輪で繋がれたら、狂っちゃうかもね。


 

拍手[1回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

アクセスカウンタ

楽天市場

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新CM

[06/03 りょう]
[06/02 あたる]
[05/29 コオロギ]
[05/29 NONAME]
Copyright ©  -- 男を思い通りに操る術、教えます。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /