男を思い通りに操る術、教えます。

妄想と虚構のブログです。記載内容は全てフィクションです。

カウントダウン

カウントダウンというゲームは、コックドリルを終えたM男との最も楽しい遊びです179


コックドリルのトレーニングの一環として使いますが、トレーニングでは「成功したら褒める。 成功できるように手加減しながら、褒めて育てる。」という要素が必要です。しかし、カウントダウンを遊びとして行う場合には、手加減は必要ありませんね236


 

267267267


トレーニングは「手加減しながら」と言いましたが、手加減の方法を具体的に説明します237


例えば、カウントダウンのペースを一定に保つことも、手加減です。


カウントダウンを始める前に、いつも同じような仕草を見せることも手加減のひとつです。 カウントダウンを始める直前に、男の目を見つめて意地悪く笑います。そして腕時計をチラッと見ます。 これは、男にわざと発見させている「癖」です。
そして唇の舐めて湿らせてから大きく息を吸ってからカウントダウンを開始するのです。 いつも同じ「癖」を見せることで、30秒のカウントダウンは実質的に45秒くらいになりますし、10秒のカウントダウンでは、実質的に25秒となっているのです。


また、本当に我慢できないような場合は、カウントダウンを早めに始めてあげたりします。


そういった手加減があるのと、手加減がないのでは、カウントダウンの難易度は全くことなります。


手加減なしのカウントダウンは、次のようにして楽しみます。


10からカウントダウンをして、5くらいまで男の様子を観察します。
「このままゼロまでいけば射精できそうだな」という時には、4でストップしてオアズケにします。 「ゼロまでいっても射精できないんじゃないかな?」って思える場合には、ゼロまでカウントダウンします。よく観察をして、オアズケが成功するギリギリを見つけましょう。ストップしたときの男の表情や発汗量を観察して、本当に苦しいのか、演技なのか見分けましょう。 ギリギリをきちんと見分けるのは女性の役割ですので、観察・分析は手を抜いてはいけません。


オアズケの場合は、遅くても4でストップしているのですが、たまに意地悪な気分が昂ぶったときには、3でストップします。 3でストップされていることに慣れていない男は、3まで進んだ段階で、引き返すことのできない状態になり、「オアズケだよ〜。クスクス235と嘲笑されている中で、屈辱的な射精を迎えることになるんです189


ゼロまでいっても射精できなかった場合には、その日はオアズケにしましょう181 カウントダウンのオネダリをしたくせに、ゼロできちんと射精できないということは、ゲームのルールを無視した重罪です180
オアズケ以外にも、多くのオシオキを与える必要がありますね。


さて、カウントダウンを始めてあげないことには、いつまで経っても射精できないM男クン176
大切な躾は「カウントダウンのオネダリをさせない」ということ。 オネダリした男には、生殺しの刑を科すのが適当でしょう。この躾が不十分だと、何度も見苦しい「オネダリ」を聞かされてウンザリするからです。


近いうちに、カウントダウンに失敗したときの「オシオキ」について、説明しましょうね。
対象は、三つです。
1.カウントダウンを始める前に射精してしまった場合
2.カウントダウンの途中で射精してしまった場合
3.ゼロでも射精できない場合


あなただったら、どんなオシオキをしますか?


 rank
クリックにご協力ください257


昨日からアクセスが増えてきました236
このアクセス数を維持したまま、暗示シリーズに突入したら、M男大量生産かも201


 

拍手[3回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

アクセスカウンタ

楽天市場

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新CM

[06/03 りょう]
[06/02 あたる]
[05/29 コオロギ]
[05/29 NONAME]
Copyright ©  -- 男を思い通りに操る術、教えます。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /